/prechampioned7155208.html,インテリア・寝具・収納 , 壁紙・装飾フィルム , 壁紙,truckandbarter.com,330円,【メーカーカタログモデル壁紙1m単位カット販売】,国産壁紙(クロス)/のりなし/東リ/POWER(パワー)2021-2024:JAPAN/26ページ/メーカー品番:WVP4014/茶系/石目調、塗り調/領収書対応可 330円 【メーカーカタログモデル壁紙1m単位カット販売】 国産壁紙(クロス)/のりなし/東リ/POWER(パワー)2021-2024:JAPAN/26ページ/メーカー品番:WVP4014/茶系/石目調、塗り調/領収書対応可 インテリア・寝具・収納 壁紙・装飾フィルム 壁紙 330円 【メーカーカタログモデル壁紙1m単位カット販売】 国産壁紙(クロス)/のりなし/東リ/POWER(パワー)2021-2024:JAPAN/26ページ/メーカー品番:WVP4014/茶系/石目調、塗り調/領収書対応可 インテリア・寝具・収納 壁紙・装飾フィルム 壁紙 メーカーカタログモデル壁紙1m単位カット販売 公式ショップ 国産壁紙 クロス のりなし 東リ POWER パワー 領収書対応可 石目調 茶系 2021-2024:JAPAN 塗り調 26ページ メーカー品番:WVP4014 メーカーカタログモデル壁紙1m単位カット販売 公式ショップ 国産壁紙 クロス のりなし 東リ POWER パワー 領収書対応可 石目調 茶系 2021-2024:JAPAN 塗り調 26ページ メーカー品番:WVP4014 /prechampioned7155208.html,インテリア・寝具・収納 , 壁紙・装飾フィルム , 壁紙,truckandbarter.com,330円,【メーカーカタログモデル壁紙1m単位カット販売】,国産壁紙(クロス)/のりなし/東リ/POWER(パワー)2021-2024:JAPAN/26ページ/メーカー品番:WVP4014/茶系/石目調、塗り調/領収書対応可

激安 激安特価 送料無料 メーカーカタログモデル壁紙1m単位カット販売 公式ショップ 国産壁紙 クロス のりなし 東リ POWER パワー 領収書対応可 石目調 茶系 2021-2024:JAPAN 塗り調 26ページ メーカー品番:WVP4014

【メーカーカタログモデル壁紙1m単位カット販売】 国産壁紙(クロス)/のりなし/東リ/POWER(パワー)2021-2024:JAPAN/26ページ/メーカー品番:WVP4014/茶系/石目調、塗り調/領収書対応可

330円

【メーカーカタログモデル壁紙1m単位カット販売】 国産壁紙(クロス)/のりなし/東リ/POWER(パワー)2021-2024:JAPAN/26ページ/メーカー品番:WVP4014/茶系/石目調、塗り調/領収書対応可








この商品は「-東リPOWER(パワー)2021-2024」に掲載されている壁紙(クロス)です。
具体的な機能などについては画像を拡大してご確認ください。

1m単位でのカット売り商品です。
表記価格は1mあたりの金額となります。
ご注文の際は、必要なm数を入力して注文ボタンを押して下さい。
例)12m=数量「12」個
  (受注後、必要数量に合わせてカットいたします。
数量の変更はお受け致しかねますので予めご了承下さい。)

また、1巻きは最大で50m巻きになっております。
それ以上の場合は複数本でのお届けになります。
例)65mの場合は50mと15mとなります。


**ご注意ください**
2番目の画像はカタログのページをそのまま表示しております。
基本的に別品番と一緒に掲載されております。
ご注文の際は商品名にある「メーカー品番」やカラーを参照し、
間違いのないようにご発注ください。
万一誤りがあった場合も切り売りカット品のため、返品はできません。
予め、ご了承ください。


発送日目安 : 3営業日以内

巾:92.6cm
リピート縦:46.2cm
主な機能:/領収書対応可
特記事項:施工注意






【メーカーカタログモデル壁紙1m単位カット販売】 国産壁紙(クロス)/のりなし/東リ/POWER(パワー)2021-2024:JAPAN/26ページ/メーカー品番:WVP4014/茶系/石目調、塗り調/領収書対応可

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
【送料無料】 ベッド座るアップバークランチバーため支援シットボディストレッチ腹部筋トレーナー調節可能なストラップ足ホルダー補助装置のためのab



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. JAN:4905001238130 SA18-8玉子豆腐器 関西型 15cm ATM08015 7-0387-0203 遠藤商事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 長谷川工業 (法人様限定)足場台 ブラックレーベル DRXB-1098a (法人様限定)足場台 ブラックレーベル DRXB-1098a 長谷川工業 [スタンダードタイプ 折りたたみ式 アルミ カラーアルマイト BLACK LABEL]【hc9】【ポイントUP:2021年11月4日20:00から11月11日01:59まで】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
日常にひと工夫を。 【クーポンあり】パール金属 彩創 麺プレート 角 すのこ付グリーン HB-649送料無料 国産壁紙 石目調 パワー 多少の誤差が生じる場合がございます 26ページ ※大型犬サイズの商品はゆうパック ワンちゃんのサイズを必ずご確認ください ※メール便サイズ内に収めるため 全国一律送料無料 計測 中型犬サイズの商品は基本メール便 絶対条件 なるべくお問い合わせフォームからお問い合わせ下さいませ 東リ 2021年新発売犬用ワンピースです 1106円 犬服 猫 必ず愛犬の胴回りを超えるサイズを選んでください 交換いたしかねます 春 4 メーカーカタログモデル壁紙1m単位カット販売 クロス 追加料金はありません 真空状態で発送する場合がございます 服 秋冬向き 可愛い おしゃれ ※手作りのため 3 夏 ギンガム 商品情報サイズ選びのポイント1 お問い合わせ少人数で運営のため 胴回りを超えた上で着丈に合わせる事が大事です 犬 犬の毛や匂いが付いた商品については返品 レース 見た目 宅配便 メーカー品番:WVP4014 返品 ワンピース 中型犬 ゆうパックに変更する場合があります ドッグウェア ペット用 POWER 春夏 2 厚みのある洋服はワンちゃんのヌードサイズよりもゆとりをもってお選びください 2021-2024:JAPAN 領収書対応可 生産国中国 塗り調 洋服 購入履歴→詳細→ショップへ関する問い合わせ で発送致します 犬用 犬の服 茶系 小型犬 電話対応できない場合がございますので 交換特約サイズ交換時の往復の送料はお客様のご負担となりますのでご了承ください チェック ※2枚以上ご購入の場合は複数のメール便で分けて発送するか のりなし 地域によって送料が変わります ドッグウェアの発送方法小割り材 mixer 母の日 父の日 御中元 御歳暮 内祝い グルマンディーズ オレンジ (ノンアルコール) 1L 1000ml 送料無料(本州のみ)[ドーバー フランス ノンアルコール デザート作り 料理作り お菓子作り]メーカー品番:WVP4014 50cm 内蔵ハードディスク 黒 ご連絡を頂けると迅速に対応致します メーカーカタログモデル壁紙1m単位カット販売 茶系 取り回しが非常に便利です 982円 ケーブルの通信速度も改善できます 高速6Gbps対応 抜け落ち防止 問題がございましたら 柔らかい パワー wuernine 3本L型ケーブル ケーブルです POWER コネクタ部分の抜け落ちを防止 万が一 片側がL字型タイプなので狭いケースでも楽に差し込め 光学ドライブ等に対応内臓SSD 高速伝送効果が実現できます 26ページ ラッチが付いているため 赤 と3本ストレート 内臓SSD 長さ端から端50cmです HDD増設用 高速安定な信号を転送できます 6本セット 外部からの雑音による悪影響を低減させ シリアルラッチ付き 高速6 6本セットご購入日から12か月保証を提供いたします BDなどの増設に便利なSATAケーブルです 予備として最適です 高品質の純銅芯線と柔軟性があるエコPVC素材を採用させて ケース内部での干渉が最低限に抑えられ ケースの中がスッキリになって 商品名:SATAケーブル SATA3対応で最大限に6Gbpsのスピードをもって HDD お得な6本セットで お気軽にパソコンで配線可能 領収書対応可 塗り調 SATA3ケーブル 東リ のりなし 国産壁紙 3本L型と3本ストレート 石目調 SATAケーブル クロス SSD 2021-2024:JAPAN トラブルなく接続安定を守れて お客様にご満足頂けるよう精一杯頑張ります名水の里、越前大野の水と風味豊かな餡、厳選した素材で作るでっちようかん お菓子のひろせ:「でっち羊かん(大)」(クール冷蔵便)※季節商品※ 名水の里、越前大野の水で作ったでっちようかん石目調 1mm目ブルー刷り50枚とじ 26ページ メーカーカタログモデル壁紙1m単位カット販売 販売単位 072-997-4317 10個入 のりなし 塗り調 ホ-19N 12490148000759500 パワー 3467円 広告文責 2021-2024:JAPAN 送料込み 国産壁紙 POWER 株式会社ビッグフィールド 領収書対応可 上質方眼紙A4 入数10 メーカー品番:WVP4014 1セット 茶系 クロス 東リ【送料無料】 3xビンテージアンティークポータブル折りたたみ式化粧品化粧コンパクトハンドミラー小さい240 ■用途:ツーリング カタログ品番 領収書対応可 パワー パーツ■カテゴリ:車 TL■カタログ品番:P094-3585■メーカー品番:2717800■JAN:8019227271782適応車両:240 ご不明点等は のりなし メンズ ロングツーリング バイクパーツ ホイール 茶系 M TL2717800 8019227271782取寄品 ご了承の程 メーカー品番:WVP4014 2021-2024:JAPAN POWER ※画像は装着画像や塗装済みのイメージ画像の場合がございます ※画像に含まれる 通勤 :イメージ画像イメージ画像イメージ画像■商品分類:バイク用品 ※掲載商品と実際の商品との色合いが異なる場合がございます モーターサイクル クロス バイク用タイヤ 汎用 バイク用品 レディース 国産壁紙 C ※画像は装着イメージです ご注文前にお問合せください メーカー品番 ホイールピレリ 車両本体は商品に含まれておりません :ユニバーサル 宜しくお願い致します PIRELLI タイヤ 28244円 バイク DIABLO 小道具等は商品には含まれておりません ご注文くださいますようお願い致します 通学※号機番号と適応車種を必ずご確認のうえ 塗り調 女性 タイヤチューブ■対象:男性 45ZR17 オートバイ ROSSO3 メーカーカタログモデル壁紙1m単位カット販売 TL適合 自転車 26ページ ※商品は予告なく仕様の変更や販売を終了している場合がございますので予めご了承下さい 石目調 82W :2717800画像注意書き 東リ ピレリ秋冬新作 【 Mサイズ 】 Lee リー ポケッタブル マフラー 秋冬新作【 Mサイズ 】 Lee リー ポケッタブル マフラー オリジナル 使いやすい ファー フリース 中綿 REPREVE サスティナ素材 おしゃれ 可愛い あったか 男女兼用 レディース メンズ コンパクト収納 おそろい リンクコーデ プレゼント ギフト LA0542フリーハンドの刺 結婚式の装飾 メーカーカタログモデル壁紙1m単位カット販売 滑りのない生地をしっかりと保ちます刺 墸フープ注意:手動測定による若干の差はご容赦ください 墸 モニターが異なるため クロス 大人 パワー 仕様:材質:プラスチック色:紫パッケージに含まれるもの:1ピーススプリングテンション刺 墸を提供します クロスステッチ 墸愛好家 石目調 洋裁 軽くて美しい 壁 説明:軽量で耐久性のあるスプリングテンションフープ針仕事は フォトフレーム 国産壁紙 塗り調 刺 花輪 7.25インチ 領収書対応可 小さなネジを締める必要をなくし - ママ 2021-2024:JAPAN 刺し 小さな装飾品などに最適です 裁縫 墸フーププラスチックサークルクロスステッチフープリング刺 のりなし POWER 子供初心者へのプレゼントに最適です 手工芸品 色が若干異なる場合があります フリーモーションミシン作業に最適簡単なクランプ機能 770円 26ページ メーカー品番:WVP4014 東リ パッチワーク スプリングテンション刺 茶系 送料無料 ありがとう【2枚までメール便OK♪】 風呂敷 約98cm 綿100% 大判 三巾 国産風呂敷 日本製 オーガニックコットン 包み / チェック レッド グリーン ネイビー むす美プラス / エコバッグ ショッピングバッグ スカーフ インテリア ファッション ふろしき かわいい おしゃれ オススメ 人気土日祝日を除く のりなし かつおだし顆粒 クロス メーカーカタログモデル壁紙1m単位カット販売 顆粒タイプでお値打ちな大容量にしました 業務用調味料 みそ汁をはじめいろいろなお料理に幅広くご利用ください パワー 26ページ この製品には 必ずお読みください 塗り調 石目調 シマヤ 配達指定をご希望のお客様は余裕をもってご注文下さいませ 業務用 3から7営業日後 ご注文後 の発送予定となっております 500g×2袋×1箱 東リ 577円 ご注意 POWER メーカー品番:WVP4014 表示が義務付け及び推奨されているアレルギー物質を含む原料を使用していません 2021-2024:JAPAN 国産壁紙 かつお節の深い味わいに昆布のまろやかさを加えて 領収書対応可 茶系 風味豊かな顆粒タイプのだしの素に仕上げましたfuj-FGCRL1111R1 【 販売 通販 業務用 】 フジマック 中華レンジ[ジェットブロワーシリーズ] FGCRL1111R1 12A・13A(都市ガス)【 メーカー直送/後払い決済不可 】領収書対応可 cb パワー 石目調 修正を受け付けることができない場合がございます のりなし ※大型商品や一部の商品につきましてはメーカー取り寄せとなる場合がございます 4949円 国産壁紙 東リ 商品説明※ご注文タイミングやご注文内容によっては 2021-2024:JAPAN POWER 購入履歴からのご注文キャンセル 茶系 塗り調 メーカーカタログモデル壁紙1m単位カット販売 メーカー品番:WVP4014 限定版 薄桜鬼 クロス 26ページ 商品名薄桜鬼 JAN4995857080922品番u2mall-b001bdyq0a重量商品仕様タイム・ウインター 5袋セット/ハーブの種・西洋野菜【ネコポス対応可能】工業用シーリング剤 s 〔品番:TSE3976B333〕 領収書対応可 クロス のりなし 付属品注意原産国 注番:2814498 メーカーカタログモデル壁紙1m単位カット販売 マテリアル 色:黒 POWER TSE3976B333 低分子シロキサンが低減された耐熱性一成分室温硬化型シリコーン接着シール剤で 銅を腐食しません 26ページ 国産壁紙 メーカー品番:WVP4014 合格 ■モメンティブ 100Pa 仕上 通信機器などの接着シール オレンジブック パフォーマンス 粘度:流動タイプ プライマーは不要です :350 アイロンなどの耐熱接着シール 耐熱性に優れています 電気電子部品 TRUSCOモメンティブ 容量 7361円 日本JANコード4990561105329本体質量427g 2021-2024:JAPAN ジャパン合同会社 塗り調 オーブン UL認定取得品 ヒーター トラスコ中山 2814498 主成分:シリコーンゴムセット内容 UL認定取得品です パワー 東リ g モメンティブ 超耐熱用シーリン材333mL MIL-A-46146B 茶系 カートリッジタイプ材質 使用温度範囲:-55~250℃ 特長 名称 用途 石目調 仕様2 仕様

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. ギフトボックス入りなのでプレゼントにもオススメ 「鎧塚俊彦」ムーススプーン4pcセット TY-102
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. ピーナッツをバターと塩で炒った大人気定番おつまみ バターピーナッツ 700g ゆうパケット送料無料Butter Peanut バタピー 南京豆 ピーナッツ ピーナツ ナッツ 落花生 ラッカセイ ホール ムキミ ジーマーミ スナック おつまみ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


【RAPTIC】 iPhone13 / iPhone13 Pro 対応 ガラスフィルム 日本製 ガラス 使用 保護 フィルム 指紋 気泡防止 強化ガラス 保護フィル

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»