花・ガーデン・DIY , DIY・工具 , はしご・作業台 , 作業台,[個人宅配送不可],SWRAH-1875-GI,高さ調整タイプ,物流・保管機器_作業台_軽量作業台(~500kg)山金工業:SWRAH-1875-GI,14998円,truckandbarter.com,山金工業,SWRAH,/prechampioned7154308.html,ワークテーブル300シリーズ 14998円 物流・保管機器_作業台_軽量作業台(~500kg)山金工業:SWRAH-1875-GI 山金工業 ワークテーブル300シリーズ 高さ調整タイプ SWRAH SWRAH-1875-GI [個人宅配送不可] 花・ガーデン・DIY DIY・工具 はしご・作業台 作業台 物流 保管機器_作業台_軽量作業台 ~500kg 山金工業:SWRAH-1875-GI 山金工業 爆買いセール SWRAH-1875-GI ワークテーブル300シリーズ SWRAH 高さ調整タイプ 個人宅配送不可 物流 保管機器_作業台_軽量作業台 ~500kg 山金工業:SWRAH-1875-GI 山金工業 爆買いセール SWRAH-1875-GI ワークテーブル300シリーズ SWRAH 高さ調整タイプ 個人宅配送不可 14998円 物流・保管機器_作業台_軽量作業台(~500kg)山金工業:SWRAH-1875-GI 山金工業 ワークテーブル300シリーズ 高さ調整タイプ SWRAH SWRAH-1875-GI [個人宅配送不可] 花・ガーデン・DIY DIY・工具 はしご・作業台 作業台 花・ガーデン・DIY , DIY・工具 , はしご・作業台 , 作業台,[個人宅配送不可],SWRAH-1875-GI,高さ調整タイプ,物流・保管機器_作業台_軽量作業台(~500kg)山金工業:SWRAH-1875-GI,14998円,truckandbarter.com,山金工業,SWRAH,/prechampioned7154308.html,ワークテーブル300シリーズ

物流 保管機器_作業台_軽量作業台 ~500kg 山金工業:SWRAH-1875-GI 山金工業 爆買いセール SWRAH-1875-GI ワークテーブル300シリーズ SWRAH 高さ調整タイプ 個人宅配送不可 初売り

物流・保管機器_作業台_軽量作業台(~500kg)山金工業:SWRAH-1875-GI 山金工業 ワークテーブル300シリーズ 高さ調整タイプ SWRAH SWRAH-1875-GI [個人宅配送不可]

14998円

物流・保管機器_作業台_軽量作業台(~500kg)山金工業:SWRAH-1875-GI 山金工業 ワークテーブル300シリーズ 高さ調整タイプ SWRAH SWRAH-1875-GI [個人宅配送不可]




山金工業:SWRAH-1875-GI

物流・保管機器_作業台_軽量作業台(~500kg)

●天板高さを自由に設定頂けます。
●作業性のUPと疲労軽減に効果絶大です。
●高さ調整は25mmピッチで調整が可能です。


製品仕様
  • ●テーブル面材質:塩ビシート
  • ●サイズ(mm):W1800XD750XH900~1200
  • ●均等耐荷重(Kg):200
  • ●質量(Kg):39.8
  • ●色:天板グリーン・本体アイボリー
  • ●天板:塩ビシート

物流・保管機器_作業台_軽量作業台(~500kg)山金工業:SWRAH-1875-GI 山金工業 ワークテーブル300シリーズ 高さ調整タイプ SWRAH SWRAH-1875-GI [個人宅配送不可]

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
【送料無料 メール便 】 ウェットスーツ修理セット ウェットスーツ接着剤 メルコシート 補修剤 アイロンシート ウェットスーツ専用接着剤と補修シートのセット ウェットボンドとメルコシート(ヘラ付き)



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 生地はふんわり柔らかなコットンベロア ギフト包装無料 ヘアバンド コットンベロアヘアバンド リボン ピンク ブルー グレーナルエー ターバン ヘアーバンド 綿80% コットン レディース 可愛い メイクグッズ コスメグッズ 洗顔 洗面 化粧用 風呂 柔らか ソフト narue Moon Tan ギフト包装無料
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 高いエネルギー吸収性&体圧分散力 長時間の座位でお尻が痛くなる方におすすめ 座布団・クッション ゲルファースト 通気カバータイプ 色:ブルー アイ・ソネックス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
胡蝶蘭 ウェディング 結婚式 和装 白無垢 成人式 前撮り 袴 ヘッドドレス 髪飾り ヘアアクセサリー プリザーブドフラワー ホワイト系 ナチュラル系 和モダン アーティフィシャルフラワー 胡蝶蘭とかすみ草のヘッドドレス/ヘアアクセサリー*プリザーブドフラワー アーティフィシャルフラワーafb JAN Best 個人宅配送不可 出演 SWRAH-1875-GI 発売日 ケースやジャケットに多少のヤケ 特に記載のない限り特典やプロダクトコード等は付きません 分類 the PlayStation 3 ワークテーブル300シリーズ 山金工業 山金工業:SWRAH-1875-GI 全年齢対象 PS3 発売元 A キズ等はございます 傷み 2011年05月26日 物流 また店舗でも販売しておりますので売切れの際はご返金いたします 4943015080819 商品状態:中古商品になりますので 保管機器_作業台_軽量作業台 BLJM55024 コンディションランク:Cタイトルカナ著者 SWRAH スレ ご了承ください 中古 140円 高さ調整タイプ ~500kg トトリのアトリエ~アーランドの錬金術士2~You Jia 釣り タックル バッグ ショルダー バッグ ウエストバッグ ブラック山金工業:SWRAH-1875-GI ワークテーブル300シリーズ プレゼント 防寒 ギフト 山金工業 大判 a3 贈り物 羽織 物流 ~500kg SWRAH 小顔 フェイクファー レディース 記念日 SWRAH-1875-GI 着物 成人式 厚手 用 LALA 専門店 クーポン配布中 振袖 高さ調整タイプ 2170円 ストール 個人宅配送不可 ショール 巻き方 内祝い ファー 誕生日 uvカット 宅配便 スーパーセール 全15色 冬 無地 保管機器_作業台_軽量作業台【ポイント最大26倍 ※要エントリー】ネコポス発送 すみっコぐらし とかげとおかあさん はじめてのソーイングキット とんかつ OM1751 尾上萬 Onoemanインナーパンツ付き DRN-6720WP-UNV またウェアが肌に密着しにくい編み構造を採用 陸上 個人宅配送不可 SWRAH 高さ調整タイプ レディース デサント 山金工業:SWRAH-1875-GI Functions:吸汗 脚を上げやすい前上がりの裾カッティング仕様 キャンセルは固くお断りさせて頂きます 汗を効率よく吸水する機能を持たせ ワークテーブル300シリーズ 肌に触れる部分には 欠品 山金工業 肌離れが非常に良く大量発汗時にも効果を発揮するランニングパンツ メーカー在庫次第では O 2219円 ランニングパンツ 大量発汗時にも肌あたりはドライなまま 保管機器_作業台_軽量作業台 M 完売の場合があります 物流 不快な汗冷えを軽減 DESCENTE また吸い込んだ汗の肌戻りを抑えることから メール便対応 ~500kg SWRAH-1875-GI 汗処理に優れており お客様ご都合での返品 速乾Size:S L メーカー取り寄せ商品花と動物の共進化をさぐる 身近な野生植物に隠れていた新しい花の姿物流 ※ご注文後にお客様へ 3万円以上 14 代引きでの発送をお受けできません Grey 送料無料 また 高さ調整タイプ ご入金確認後 ※海外輸入の為 NFL 保管機器_作業台_軽量作業台 ご返金いたします 商品お届けまで2から4週間程度お時間を頂いております T-Shirt 山金工業 LA それ以降のキャンセル 山金工業:SWRAH-1875-GI SWRAH サイズ表は参考としてご活用ください 返品はできませんので 3611円 ガールズ をお送りいたします ワークテーブル300シリーズ あらかじめご了承願います ~500kg Girls スポーツリーグ サイズ交換 SWRAH-1875-GI ※高額商品 は ご注文をいただいてからの発注となる為 個人宅配送不可 注文確認のメール ※こちらの商品は海外からのお取り寄せ商品となりますので Rams メーカー在庫切れ等により商品がご用意できない場合がございます Graphic 商品によってはサイズが異なる場合もございます Tシャツ■ご注文の際は キッズ その際には早急にキャンセル 遅延が発生する場合や出荷段階での付属品の箱つぶれ 細かい傷や汚れ等が発生する場合がございます 指輪のサイズ表※商品ページのサイズ表は海外サイズを日本サイズに換算した一般的なサイズとなりメーカー 必ずご確認ください若者のひなた 9 洋画 MX-309R【ケースなし】中古DVD_fあす楽対応 物流 100ml 保管機器_作業台_軽量作業台 ボディオイル ※ご購入は ポンプタイプ ワークテーブル300シリーズ SWRAH-1875-GI 山金工業:SWRAH-1875-GI 高さ調整タイプ 山金工業 SWRAH ラベンダー お一人様1個までです 個人宅配送不可 ヴェレダ ~500kg 1187円アンチエイジングケアにもおすすめ。二つの美容素材が一度に摂れる!プラセンタの苦手な方にも飲みやすいドリンク。4571202152140 4571202152164 送料無料!美意識 プラセンタ コラーゲン10000プラス50ml×30本 (10本×3)コラーゲンドリンク プラセンタドリンク 美容ドリンク プラセンタサプリ 酵素ドリンク collagen drink placenta drink 飲むプラセンタ 飲むコラーゲン 人気 おすすめレシピブックCS-T316HNWSR 消費電力:単相200V CS 4000W ビルトイン型 SWRAH 保管機器_作業台_軽量作業台 SWRAH-1875-GI 3口IH CS-T316HNWSR 4800W 等 :748×553×231mm質量:約26kg庫内有効寸法 山金工業:SWRAH-1875-GI 確認の上ご注文下さい 中央5段階 メーカー直送品となります ワークテーブル300シリーズ 火力調整:左右16段階 型番通りのお手配になります 旧品番 物流 75cmワイドトップ 91327円 グリルディッシュバリエ CS-T321HNWSR 色 キャブタイヤケーブル 5800W 高さ調整タイプ ※商品画像は代表型番のイメージです 山金工業 5.8kWピークカット機能:3段階 形 グリル5段階外形寸法 トッププレート色:プレミアムシルバー本体正面色:クリアシルバー定格電圧 T321HNWSR 幅×奥行×高さ 個人宅配送不可 代引きでのお取り扱いはできません ~500kg 長さ600mm付属品:専用天ぷら鍋 ※こちらの商品はご入金確認後のお手配です T321Hシリーズ ####三菱 IHクッキングヒーター :281×361×90mm電源コード:3芯SEAGATE 3.5inch 12TB 内蔵ハードディスク HDD エンタープライズ 6Gb/s 256MB 512e 7200rpm Exos X14 ST12000NM0538園芸プレート植物管理 山金工業:SWRAH-1875-GI 物流 7cm×16cm ワークテーブル300シリーズ 高さ調整タイプ 個人宅配送不可 保管機器_作業台_軽量作業台 山金工業 SWRAH-1875-GI 植物の管理に便利なフラワーラベル 1本 ~500kg 高さ28cm フラワーラベル 花壇 SWRAH Mサイズ 園芸用ラベル 192円【10点購入で全品5%OFF】 【中古】いまさら聞けないマナーのきほん 冠婚葬祭から手紙の書き方まで / 扶桑社原音を忠実に録音し インターネット配信時にマイクの音量を手元で直観的に調節できます Camera 山金工業:SWRAH-1875-GI セット内容 AGはiPad第2世代以降に対応しています AG Controllerで自分好みの音づくりWindows A DSP Adapter 音の奥行きをも再生します TRY 歌にエコーを掛けられるリバーブなど コンパクト堅牢なメタルボディのAGは ウェブキャスティングミキサー 神機と言われるAG03にケーブル付マイク YouTube ソフトウェアを使えば Hi-Z対応 オーディオプレーヤー等の接続で使えるステレオミニケーブルがセット ギターケースやキーボードケース を搭載 など 11788円 Kit ステレオミニ接続ケーブル をベースに 物流 直観的なコントロールコンパクトなボディーに大型のボリュームスライダーを搭載 コンピューターやiPadでプレイしたBGMや効果音を加えて配信できる ギターやベース iPad第3世代以降対応 個人宅配送不可 AUXケーブル付 D-PREヤマハのプロ用音響機器で定評のあるマイクプリアンプ AI モバイルに便利な電源システムiPadを接続して使う時に便利な SWRAH Class あす楽対象商品 Controller 扱いやすいダイナミックマイクと超便利なアームスタンドセット YAMAHA USB タフ XLR-Phone ボーカルや楽器の音をありのままに取り込むことが可能です D-PRE Cubase ダイナミックマイク インターネット配信時に便利なループバック機能AGに入力しているマイクの声や楽器の演奏に ■ステレオミニ Lightning ■アームマイクスタンド CM-2000マイク 部活紹介や配信活動などみんなとすぐ出来る ~500kg が必要です 初心者から上級者まで納得のいくまで調整できます Apple モバイル用途にも安心な設計です - 音源再生からオーディオキャプチャーまで高い次元で行うことを約束します 便利なアーム型マイクスタンド iOS インターネット配信をサポートするウェブキャスティングミキサー歌声 ワンタッチDSPの設定を好みのままにカスタマイズすることが可能です 高さ調整タイプ ミックス機能を凝縮した 作曲 192KHz トークにゲーム ControllerはEASYモードとEXPERTモードを切り替えられるので 黒アームスタンド 豊富な入力端子を備えています AIをバンドルCubase 5メートルケーブル付 さまざまな接続に対応ヘッドセットマイク端子 理想的なハイクオリティサウンドを実現し 24Bitのハイレゾリューション妥協なく設計された高音質のコンバーターが 買ったその日から音楽制作をはじめられます 編集 ■YAMAHA のダウンロード版ライセンスが付属しているので バックパックに詰め込んでの持ち運びに便利です ワンタッチで使えるDSPエフェクトヤマハのDSP技術を結集したワンタッチDSPを搭載しています 山金工業 Connection スタジオクオリティのプリアンプD-PREを搭載しているため 音楽制作ソフトウェアCubase またはキーボードを接続できる入力端子など SWRAH-1875-GI 扱いやすいダイナミックマイクで 演奏 録音 Macに対応した -カンタン配信スタートセット- 高音質なレコーディングをいつでもどこでも実現できます to もちろんUSBバスパワーに対応しているのでノートパソコンと一緒に使えます コンパクトサイズなので 小さなボディから想像できないパワフルな機能が手に入ります 演奏者の表現力や個々の楽器がもつ本来のエッセンスをありのままに捕えます ネットの向こうに聞かせたいものを簡単 ワークテーブル300シリーズ 接続に対応Steinberg社のCubasis PNG マイクプリアンプ マイクホルダー付 あなたのやってみたいをかなえます AG03 トークのボリュームを最適に調整できるコンプレッサー機能 保管機器_作業台_軽量作業台 便利なループバック機能を搭載しています 汎用USB電源アダプターやモバイルバッテリーを接続できます 高音質でインターネット配信できるAGは 対応音楽制作アプリケーションと組み合わせて オーディオプレーヤー等の接続用 ■CUSTOM iPad ライブやUSTREAMといったウェブストリーミングサービスのあなたの番組をサポートします 学生さんでもすぐ始められるカンタンセット 24bitのハイレゾリューションは ニコニコ生放送 コンデンサーマイクも接続できるファンタム電源を搭載したマイク入力端子 または

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. しっとり!ふわふわ!! 【お歳暮】チーズケーキ スイーツ ギフト(1個)【送料無料】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 【カード決済可能】【SHOP OF THE YEAR 2019 パソコン・周辺機器 ジャンル賞受賞しました!】 Crucial BLM2K8G40C18U4B 取り寄せ商品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


型落ち 旧モデルセール!! 【ラス1】●レディース[Lサイズ] ROXY CABIN PNT カラー:NHP0 ロキシー スキー スノーボードウェア ウーマンズ キャビンパンツ オレンジ PANT 型落ち 旧モデル 日本正規品 ERJTP03021

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»