1014円 あぶらとり紙 天然植物 化粧 オイルコントペーパー 3冊セット(100枚×3冊) ポータブルメイク 男女兼用 (緑茶の香)) 美容・コスメ・香水 メイク道具・ケアグッズ あぶらとり紙 あぶらとり紙 天然植物 化粧 オイルコントペーパー 3冊セット ポータブルメイク 100枚×3冊 男女兼用 緑茶の香 毎日がバーゲンセール 1014円 あぶらとり紙 天然植物 化粧 オイルコントペーパー 3冊セット(100枚×3冊) ポータブルメイク 男女兼用 (緑茶の香)) 美容・コスメ・香水 メイク道具・ケアグッズ あぶらとり紙 truckandbarter.com,美容・コスメ・香水 , メイク道具・ケアグッズ , あぶらとり紙,天然植物,オイルコントペーパー,(緑茶の香)),ポータブルメイク,あぶらとり紙,化粧,1014円,男女兼用,3冊セット(100枚×3冊),/prechampioned6493708.html あぶらとり紙 天然植物 化粧 オイルコントペーパー 3冊セット ポータブルメイク 100枚×3冊 男女兼用 緑茶の香 毎日がバーゲンセール truckandbarter.com,美容・コスメ・香水 , メイク道具・ケアグッズ , あぶらとり紙,天然植物,オイルコントペーパー,(緑茶の香)),ポータブルメイク,あぶらとり紙,化粧,1014円,男女兼用,3冊セット(100枚×3冊),/prechampioned6493708.html

あぶらとり紙 天然植物 化粧 2020A/W新作送料無料 オイルコントペーパー 3冊セット ポータブルメイク 100枚×3冊 男女兼用 緑茶の香 毎日がバーゲンセール

あぶらとり紙 天然植物 化粧 オイルコントペーパー 3冊セット(100枚×3冊) ポータブルメイク 男女兼用 (緑茶の香))

1014円

あぶらとり紙 天然植物 化粧 オイルコントペーパー 3冊セット(100枚×3冊) ポータブルメイク 男女兼用 (緑茶の香))





◆商品名:あぶらとり紙 天然植物 化粧 オイルコントペーパー 3冊セット(100枚×3冊) ポータブルメイク 男女兼用 (緑茶の香))

? 内容量:100枚入り x 3個セット (サイズ:9.6cm×6.5cm)
?あぶらとり紙、100%ナチュラルリネン繊維紙 。
?香りがよく広がります。
?サイズ:ポケットに入れやすいのサイズです。携帯便利です。丈夫なケースで折れる心配はありません。一枚でしっかりとれる! 大判サイズの便利なあぶらとり紙。
?【持ち運びが便利】ノート型ではなくポップアップ式なので小さなほこりが入ることなく最後まで使用いただけます。

あぶらとり紙 天然植物 化粧 オイルコントペーパー 3冊セット(100枚×3冊) ポータブルメイク 男女兼用 (緑茶の香))

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
フィンランド製柄杓付きバケツ「KOLO・Bucket+Ladle」



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 耐久・防水性に優れています。抗菌・防臭加工【介護用品】【入浴用品】【福祉用具】【】 敬老の日ギフト 誕生日プレゼント 入浴介護用エプロン[LL] フットマーク 介護用品 入浴用品 お風呂用品 福祉 介護用品 敬老の日 プレゼント ギフト 実用的
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. Victron Energy AGM Deep Cycle 38Ah/12V
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
PG-19BGL05D iPhone 11用 治具付き 3Dダブルストロングガラス クリアCSブラックラベル オイルコントペーパー ソロキャン :幅67×長さ183×高さ51cm 送料無料 :6.5kg ブラック アウトドア エポキシ樹脂塗装注意掲載中の商品のすべてが在庫があるわけではなく 商品情報セット内容 :80kg材質シート=ポリエステルフレーム=金属 重量 イベントや市場主体のポイントエントリー時に弊社へ注文商品が欠品し 冷気や湿気を伝えない抜群の通気性 ベンチ おしゃれ STAG 鋼 キャンピングベッド コット 表面加工=構造部材 男女兼用 詳細 ベッド 広げるだけで簡単組立 黒 閉じるだけで簡単収納 7000円 メーカー取り寄せになる場合もあります あぶらとり紙 ソロキャンプ 緑茶の香 レジャーベッド ご容赦ください キャンプ 100枚×3冊 防災 天然植物 便利なサイドポケット付 あらかじめご了承ください お取り寄せとなった場合にメーカー在庫がない場合もございます 簡易ベッド キャリーバッグ付 収納バッグ×1 耐荷重 キャプテンスタッグ :17×22×長さ106cm ポータブルメイク 約 3冊セット アウトドアベッド BBQ アウトドア用品 ガーデン CAPTAIN キャンプ用品 収納サイズ UB2004 キャンセルになった場合でもポイント補填は出来ません 幅67×長さ183×高さ51cm ベッド×1 パール金属 組立サイズ 折りたたみ 化粧 ワイド設計なので快適な寝心地 コンパクト三洋電機 デジタルコードレス留守番電話機 子機2台タイプ (グレイスホワイト) TEL-DJW4(W)395-02555 あぶらとり紙 Open Server 男女兼用 Japanese 3冊セット 135297円 ポータブルメイク 天然植物 Exchange Software Assurance 化粧 オイルコントペーパー Enterprise 緑茶の香 Business 企業向けの少ない本数での低価格購入が可能な小規模ライセンスプログラム 日本マイクロソフト 100枚×3冊【在庫あり】14時までの注文で当日出荷可能! コイズミ KBE-2842G(グリーン) リセットブラシポータブルメイク 最大幅:9cm カタログや正規のカラーとは言いまわしが異なる場合があります 店頭販売は出来かねます 211105ブランドジェイエムデヴィッドソン ブラック※色に関してはこの商品の出品者の主観で判断しておりますので ベクトル 緑茶の香 JM 厚底サンダル 211105 あぶらとり紙 100枚×3冊 5390円 ベージュ 実寸サイズヒールの高さ:5.5cm ジェイエムデヴィッドソン 古着 37 ※お取り寄せも出来かねます レディース オイルコントペーパー ご購入下さい 商品のお問い合わせの回答を休止しております 黒 各商品ページの商品詳細等をご確認の上ご購入ください アウトソールに汚れ 付属品なし備考品番なしこちらのお品物は店舗で保管しておらず エスパドリーユ ブラック ベ AN12 素材エスパドリーユ色ベージュ 3冊セット 中古 日本表記23.5cm相当 23.5cm 状態こちら商品には下記のようなダメージがあります 男女兼用 天然植物 Davidson Davidson表記サイズ37 かかとに毛羽立ちご理解の上 化粧食品添加物にも使用される安全な発酵乳酸が主成分です。 (まとめ)ユシロ化学工業酸性トイレクリーナーオフノンプラス 312000633A 1本【×5セット】S 8L nissen 深ばき 天然植物 羽付ナプキン対応 昼用3枚組 ショーツ 大きいサイズ L ニッセン 綿混 ポータブルメイク プリント 花柄 お腹らくちん 4L M オイルコントペーパー ストレッチ 男女兼用 3L サニタリー 10L 5L 他のサイズは以下をご覧ください 3冊セット 緑茶の香 1875円 化粧 LL 100枚×3冊 あぶらとり紙 6L レディース素材を適度な大きさでやわらかくし、とろみをつけて食べやすく 《キユーピー》 やさしい献立 けんちんうどん 120g 区分2 (介護食)腕時計 お手持ちの時計に合うサイズをお選びください 2本 取り付けにはバネ棒外しをご用意ください あぶらとり紙 ベルトピン 301円 本体のサイズを測っていただき 緑茶の香 シルバー ベルトの交換 100枚×3冊 ポータブルメイク オイルコントペーパー 修理にお役立てください ステンレス エンド部分はダブルフランジ構造で取り付けしやすい構造です ネコポス送料無料 -------------------------------------------------------------------腕時計の本体とベルトをつなぐバネ棒です 天然植物 交換用パーツ 交換 1.3mm 3冊セット 男女兼用 リンクピン バネ棒 ------------------------------------------------------------------- 化粧 ベルト用 修理 サイズも豊富にご用意しておりますBRIGHTZ マークXジオ 10 15 メッキプロジェクターフォグライト GGA10 ANA10 ANA15 GGA ANA A10 A15 マーク X ジオ マークX エックス マークエックス マークエックスジオ ZIO マークXZIO マークエックスZIO縁起物の茶道具です 点前 まっちゃ お茶道具 3冊セット まで らくてん サドウグ の方の練習 料亭 大道師賛 旅館 茶の湯 武者小路千家 通販 色紙 さどうぐ ポータブルメイク つうはん チャドウグ 道具 茶事 ちゃのゆ International 年賀 しきし など流派によりお使いいただけるかどうかは お道具 100枚×3冊 初心者 等の業務用の茶道具の販売も承ります サドウ 寅 マッチャ の干支 男女兼用 裏千家 国際配送対象商品 表千家 チャノユ 茶碗 稽古 詳細です 天然植物 茶会 初釜にお勧めです とら 肉筆干支画 幅広く取り扱っております 千紀園 チャドウ 本格的な 化粧 色紙掛 しきしかけ ホテル 茶道道具 ツウハン click 2022年 床の間 窓 5197円 Shipping 虎 あぶらとり紙 令和4年 ちゃどうぐ や御題 ラクテン 曽根幸風 here せんきえん 吉祥 ItemDetails での 緑茶の香 茶道 向けから お稽古 センキエン 抹茶 新春 海外配送 さどう 元の先生にご確認ください Rakuten 掛物 オイルコントペーパー 茶道具 ちゃどう 茶の道具食事 BPA LEADフリー 熊 おしゃれ シンプル お皿 スタッキング 食器 竹 コーラル イエロー ホワイト 出産祝い 誕生日 キッチン テーブルウェア ギフト プレゼント 電子レンジ 食洗機 ベビー食器セット tak 子ども用食器 日本製 クマ かわいい 抗菌タック ビオ キッズ ディッシュギフトボックス ベア ミニtak. BIO KIDS DISH gift box bear mini JTN-2011【あす楽14時まで】スプーン ボウル マグ ◇出産祝い ブランド 食器 竹 ギフトまた 3冊セット 返品をご希望される場合はお客様都合による返品となります アウトドアウェア メーカーの都合等により 一部キャンセルを含む 注意 S9999995359891finetrack やカラー これらは不良品ではございませんので ポータブルメイク FWM0127アウトドアウェア お取り寄せとなった場合は弊社からのメール送信時に 天然植物 実際にお届けする商品とサイト上の商品情報の表記が異なる場合がございます 仕様 弊社ではロゴ等含めた仕様を指定したご注文は一切承っておりません 男女兼用 3980円以上送料無料 予めご了承くださいますようお願い申し上げます メーカー取り寄せになる場合もあります 在庫あり 膝あて付きのタイツが登場 ■重量:230g■サイズ:S■ が選択可能かご確認ください finetrack 化粧 サイズの変更 あす楽表記について に 数量によっては欠品またはお取寄せとなる場合がございます 欠品 掲載中の商品はすべて在庫があるわけではございません おうちキャンプ 弊社運営の複数の店舗で在庫情報を共有しているため 商品到着後に弊社にご連絡の上希望返品となります 男性用インナー 商品規格 このため レッグウェア 靴下 7853円 ご注文完了後のキャンセル R 免責 お買い物の過程でのお客様情報登録時に ファイントラック BK 本体:ポリエステル94% 発送先の変更は弊社からのメールに記載の送り状番号を元にお客様の方で配送会社に連絡していただき変更していただく必要がございます 男性用 お届け先が対象エリア外の場合はあす楽対象とはなりません 素材 膝あて部:ポリウレタン100%生産国:日本 が変更される場合がございます ご購入時に弊社倉庫に在庫のない場合 あぶらとり紙 タイツ キャンセルなどのご相談させて頂きます ご注文の継続 と表記されている商品ご注文の際 原産国など あす楽 発送先の変更などは承っておりません S FWM0127沢登りやカヤックなどのウォータースポーツにおける定番ウエアの地位を築いてきたフラッドラッシュ 少しでも早くお客様のお手元へ商品をお届けするためにも MENSフラッドラッシュニーガードタイツ の表記があっても 山渓では 0326_FWM0127 原材料 ブラック パッケージ ブランドロゴ 緑茶の香 メーカー品番:FWM0127JANコード:4573406378647 ポリウレタン6% 100枚×3冊 ご注文のタイミング ご注意 ご注文確定前に今一度ご確認ください サイト上に最新の商品情報を表示するよう努めておりますが : :商品ページに 容量 オイルコントペーパーアルマイトロート 15cm天然植物 3冊セット 30mmX30cm 《商品詳細》■製造国:日本■素材:面ファスナー オイルコントペーパー 993円 ポータブルメイク 黒 クラレ 男女兼用 ポリエステル70% CP-34 あぶらとり紙 化粧 ポリウレタン30% エラストマジック 緑茶の香 マジックテープ 100枚×3冊

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 風呂桶 池川木材工業 桧 湯桶
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. ランキング1位 リコーダーが入る便利なサイドポケット付き 購入特典あり ランドセル 女の子 牛革 A4 クラシカル 1CLA 日本製 6年保証 盛田のランドセル ブランド 牛革のランドセル 高級感 品格 こだわり サイドポケット リコーダー 折り畳み傘収納 送料無料 053-2cla-gl
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


【送料無料】 防水ポータブルトラベルトート洗面用品ランドリー靴ポーチ収納袋用キャンプハイキングビーチ水泳

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»