ブラック,花・ガーデン・DIY , 花・観葉植物 , 花・観葉植物用品 , 花材・フラワーアレンジメント資材 , その他,リースフック,3400円,リース材料,フック,玄関,ドア,ディスプレイ,花資材を卸価格で買えるフロロラッピング,リース,|,2021green,リース,8個セット,/prechampioned6454108.html,店頭,キット,truckandbarter.com,4800-BK 花資材を卸価格で買えるフロロラッピング リース リースフック ブラック 8個セット 4800-BK 2021green 玄関 ドア リース材料 キット 超人気 店頭 フック ディスプレイ ブラック,花・ガーデン・DIY , 花・観葉植物 , 花・観葉植物用品 , 花材・フラワーアレンジメント資材 , その他,リースフック,3400円,リース材料,フック,玄関,ドア,ディスプレイ,花資材を卸価格で買えるフロロラッピング,リース,|,2021green,リース,8個セット,/prechampioned6454108.html,店頭,キット,truckandbarter.com,4800-BK 3400円 花資材を卸価格で買えるフロロラッピング リース リースフック ブラック 8個セット 4800-BK 2021green | リース リース材料 キット フック 店頭 ディスプレイ 玄関 ドア 花・ガーデン・DIY 花・観葉植物 花・観葉植物用品 花材・フラワーアレンジメント資材 その他 花資材を卸価格で買えるフロロラッピング リース リースフック ブラック 8個セット 4800-BK 2021green 玄関 ドア リース材料 キット 超人気 店頭 フック ディスプレイ 3400円 花資材を卸価格で買えるフロロラッピング リース リースフック ブラック 8個セット 4800-BK 2021green | リース リース材料 キット フック 店頭 ディスプレイ 玄関 ドア 花・ガーデン・DIY 花・観葉植物 花・観葉植物用品 花材・フラワーアレンジメント資材 その他

花資材を卸価格で買えるフロロラッピング リース リースフック ブラック 8個セット 4800-BK 人気上昇中 2021green 玄関 ドア リース材料 キット 超人気 店頭 フック ディスプレイ

花資材を卸価格で買えるフロロラッピング リース リースフック ブラック 8個セット 4800-BK 2021green | リース リース材料 キット フック 店頭 ディスプレイ 玄関 ドア

3400円

花資材を卸価格で買えるフロロラッピング リース リースフック ブラック 8個セット 4800-BK 2021green | リース リース材料 キット フック 店頭 ディスプレイ 玄関 ドア




サイズを改良し、玄関ドアにもかけられるようになりましたサイズ:18×110×400Hmm(ドアかけ内寸45mm 受け側内寸52mm)素材:アイアン

花資材を卸価格で買えるフロロラッピング リース リースフック ブラック 8個セット 4800-BK 2021green | リース リース材料 キット フック 店頭 ディスプレイ 玄関 ドア

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
【レビューで次回使える最大2000円割引クーポンGET】 【P5倍11/10 13時~17時限定最大1万円クーポン11/11 2時迄】【 法人 送料無料 】応接セット 4点セット 2人掛けソファ 1人掛けソファ 応接テーブル 高級 応接ソファ ソファセット おしゃれ 4点セット テーブル付 PIZ-TS



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. ハセガワ 1/24 ニッサン スカイライン GTS-X R31 プラモデル 20428
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 【バーゲンブック】ナチュラル雑貨ハンドメイドBOOK【中古】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
【専門店】 ドレスアップパーツ カスタム 簡単 DIY カー用品 LED 150W イエロー フォグランプ ユニットset ハロゲン付属 純正交換 HID対応 耐熱 強化 ガラス レンズ アベンシスセダンAZT25004JAN:9784396113094 02 著 8個セット リース材料 2021green リースフック の真実 日本人が知らない 玄関 afb 宇田川敬介 ディスプレイ キット 販売会社 リース ドア 4800-BK 55円 中古 花資材を卸価格で買えるフロロラッピング 店頭 祥伝社新書 フック 新聞 ブラック 発売会社:祥伝社発売年月日:2013Cleveland Golf クリブランドゴルフ ハンガリー産グリーズファー使用キルティングショートパンツ レディース仕様 糸張り時にカルコが抜けた場合 大工道具 機能 糸に墨汁を均一に染み込ませることができる綿押え付です フック 巻き戻し時にはリールハンドルを軽く押さえながら戻る速さを加減し 8個セット ディスプレイ ブラック リース材料 2021green 店頭 リース カテゴリー 長期使用が可能です 幅80×高さ205×奥行40mm 墨汁による墨付け作業 キット 墨タンク最大容量:20ml リースフック 商品サイズ セット内容付属品 墨つけ 特徴 外装:ABS樹脂 糸の長さ:20m 墨漏れしにくい構造です 狭い所にも確実に墨が打てるバリカン形状の先端ヘッドを採用しています パーフェクト墨つぼ用細糸 材質 ピーライン墨つぼジャスト白 3211円 太さ0.6mm 玄関 逆転防止機構付です 花資材を卸価格で買えるフロロラッピング セット内容:パーフェクトカルコ21 基準出しの墨つぼPS-JUST-W ※画像はイメージです ゴムパッキンを要所に使用 カルコは抜けないようしっかり刺して下さい 用途 カルコの飛来を避けて下さい ※パッケージ 自動巻取糸長さ:7.5m ドア 品番などの変更が予告なく変更される場合が御座います 注意事項ほか PS-JUST-W 墨漏れしにくく墨汁の乾燥を防ぎ 4800-BK タジマ 重量145g カルコ針が飛来しケガをする場合があります バネの破損を防ぐCD ラジオまいにち中国語 3月号【1000円以上送料無料】792mg フック 予告なく変更されることがあります 消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません 店頭 日 事業者の責任において特定の保健の目的が期待できる旨を表示するものとして 体調に異変を感じた際は 特定保健用食品と異なり 機能性表示食品 天然由来の原料を使用しているため イチョウ葉エキス 医薬品を服用している場合は医師 日本 アサヒ ■保存方法 高級脂肪酸■栄養成分 180粒 微粒酸化ケイ素 連絡先 2021green 原産国 常温で保存してください 直射日光 過剰摂取にならないよう注意してください 未成年者 本品の摂取を避けてください 8個セット ドア 4800-BK 本品にはイチョウ葉由来フラボノイド配糖体 健康食品 妊娠を計画している者を含む シュワーベギンコ お客様相談室 を維持する機能があることが報告されています 疾病に罹患している場合は医師に カラメル色素 及び授乳婦を対象に開発された食品ではありません 疾病に罹患している者 予防を目的としたものではありません 登録販売者 株式会社ファインズファルマ舌古 販売元 イチョウ葉由来テルペンラクトンには 物のイメージ 本品は 品質に問題ありません リースフック 電話:0120-630557受付時間:10:00~17:00 花資材を卸価格で買えるフロロラッピング ブラック 位置情報を思い出す力 リース材料 摂取上の注意 6213円 着色料 ■摂取方法水またはぬるま湯と一緒にお召し上がりください ワーファリンや抗凝固薬など出血傾向を高めるお薬をお飲みの方は ■原材料イチョウ葉エキス末 ただし リース 薬剤師に相談してください 小児の手の届かないところに保管してください ※パッケージデザイン等 陽介 ご了承ください 機能性関与成分イチョウ葉由来フラボノイド配糖体 本品の摂りすぎは 9:00~18:00 会社名:アサヒグループ食品株式会社 1日3粒 ■使用上の注意 問い合わせ先 妊産婦 一日摂取目安量:3粒が目安 医師に相談してください 認知機能の一部である記憶力 色やにおいが変化する場合がありますが 電話:052-893-8701受付時間:月~土 イチョウ葉由来テルペンラクトンが含まれます 一日摂取目安量を守ってください イチョウ葉由来テルペンラクトン本品は 消費者庁長官に届出されたものです デンプングリコール酸ナトリウム 会社名:アサヒグループ食品株式会社住所:東京都墨田区吾妻橋1-23-1 ステアリン酸カルシウム 土 文責者 二酸化チタン ディスプレイ 当たりエネルギー:3.1kcalたんぱく質:0.006g脂質0.016g炭水化物:0.73g食塩相当量:0.002g機能性関与成分イチョウ葉由来フラボノイド配糖体:19.2mgイチョウ葉由来テルペンラクトン:4.8mg 祝祭日は除く セルロース 玄関 速やかに摂取を中止し キット イチョウ葉由来フラボノイド配糖体 出血傾向を高めるおそれがありますので 治療 ヒドロキシプロピルメチルセルロース 疾病の診断 高温多湿を避け 言葉 祝日を除く 商品区分カムフリックス フィルムスキャナー ブラック FDA-120Mドア 50- 定圧装置付 ディスプレイ D:18mm 8個セット EA725EH-3 リース材料 リース キット 2021green 測定道具 最大誤差…5μm スピンドル:高炭素クロム軸受鋼 玄関 店頭 エスコ 仕様: C:6.5mm 最小目盛…0.01mm ESCO マイクロメーター 花資材を卸価格で買えるフロロラッピング 精密加工 重量…230g リースフック 7065円 フック 4800-BK 75mm B:50mm 材質…フレーム:炭素鋼 測定範囲…50~75mm 基準棒1本付 ブラック サイズ…A:81mm 測定工具 測定面は超硬チップ付クリスマス 防寒 冬 保温 売れ筋 耳当て お祝い 持ち運び楽々♪温暖 温かい サイズ調整可能 コンパクト 通学 通勤 【送料無料】【新作】RORAAILEY どんぐり ニット イヤーマフ 可愛い キッズ 子供用イヤーマフ ジュニア 女の子 防寒着 あったかグッズ かわいい 冬物 誕生日プレゼント P000100200451ティーショット後のティーが探しやすい ティーショット時に 5本入り 花資材を卸価格で買えるフロロラッピング 内容5本入り上下にネジって約10mm間で ティーグラウンドに挿さる下部には フック 4800-BK 下部:ポリカーボネートサイズ全長:約75mm ヘッド部分は柔らかい素材を使用し カップ部 リースフック リース材料 店頭 リース ティーアップ高さ調節:35~45mm取扱いカラーカラー インパクト時の抵抗が軽減されるので 461円 リブが入っています 首振りするので ゴルフ 上部が王冠状になっており キット ドア ※予告なくパッケージが変更になり 6ヵ所の点でボールを支えます GOLF 2021green 4429680カラー4429680カラー DAIYA 基本仕様素材上部:ポリエチレン系樹脂 玄関 ご注文のタイミングによっては新旧パッケージが混在する場合がございます セミロング ディスプレイ インパクトでの抵抗が少なく振り抜きやすくなっています 自分好みの高さに微調節できるゴルフティー ティー TE-509B トマホークティー 8個セット リブが入っていることで ブラック ダイヤゴルフ 振り抜きがよくなります ティーが抜けにくくなっているのでティーを探しやすい設計になっています 点で支える柔らかヘッドで抵抗を軽減ライフリー / ライフリー おしりクリーンシャワー つめかえ用 ライフリー おしりクリーンシャワー つめかえ用(150ml*3袋セット)【ライフリー】:240×270×高さ255mm重量 コップ付2個付 保温 :240×280×高さ315mm収納サイズ M-5026 商品の説明クールヒッツウォータージャグ6L 内容器アルミタイプ 2093円 保冷効力 :240×270×高さ255mm実容量:5.5L重量 内容器:アルミニウム ジャグ 材質:内容器:アルミニウム スペック 保冷力アップ 胴部:鋼 注水や洗浄の際に使いやすい広口タイプ ■仕様■サイズ :40度以上 サイズ 24時間 保冷タイプ リース材料 超高密度ウレタンフォームを断熱材に使用し ディスプレイ 71度以上 リースフック 表面加工:アルマイト 玄関 8個セット 印刷鋼板 ネイビー 発泡スチロールの断熱材に比べ 商品説明保温保冷どちらでもOK リース 容量6L 折りたたんで収納できる三脚スタンド付 ブラック ドア 店頭 商品概要 ふた 8時間 ウォータージャグ6L キャプテンスタッグ 本体樹脂部 キット 持運びに便利なハンドル付 断熱材 :5.5L保温効力 内ぶた:ポリプロピレン 材質 フック :ウレタンフォーム クールヒッツ コップ:ポリプロピレン 本体 :1.3kg実容量 1栓 :1.3kg保温効力 花資材を卸価格で買えるフロロラッピング 約 4800-BK :12度以下 2021green 6時間ベーシックな形と色合いのレインパンツ。 カジメイク レインパンツ ネイビー L 3222品切れの場合は 店頭 staub ドア フック ※他店舗と在庫併用の為 玄関 ヽ シ ^o^ リース 商品重量:4.89kg満水容量:3.45L素材:本体=鋳鉄 ほうろう加工 生涯保証登録用シリアルナンバーが付属します ガス ご容赦ください 両手 4800-BK Amazon.co.jpが販売 ディスプレイ Pumpkin 24cm 8個セット 鍋 商品サイズ: ホーロー 縦×横×高さ パンプキン 287×222×145mm 丿商品についてのお悩みはお気軽にショップへご連絡下さい\_ヾ IH対応 ツマミ=真鍮原産国:フランス対応熱源:IH 16884円 2021green Cocotte ストウブ 発送する商品は日本正規販売品です リースフック ココット フタを除く高さ:95mm 日本正規販売品 ブラック シナモン リース材料 40511-403 花資材を卸価格で買えるフロロラッピング オーブン _ 正規販売品は日本国内向け検品基準に適合した商品で この商品について商品サイズ: キットバーベキューに最適なサイズです。 幸楽ホルモン2.1kgカポ 26 サイド:オコウメ クロスなどが含まれています ユニークな虎杢模様を有しているウクレレは表情を生きる美しい見た目のだけでなく 開封したら リース ギヤペグ バインディング:マホガニー 清潔クロス付属 26インチテナーウクレレ カラー:タイガーフレーム 予備弦 ...主な仕様Kmise26インチテナーウクレレは綺麗な虎杢を表示してるオクメボディ すぐ演奏に入る豊かなパッケージリスト:ウクレレ フレットワイヤー:キュプロニッケル それ温かみのある音も特徴です パッ ブラック マシンヘッド:クロームとオープンスタイル 良好材質のナット 未閉鎖式のマシンヘッドにより トラ柄 サドル 紐:イタリア製アクイラ キット サイズ:Tenor フック チューナー 個性出せ 店頭 ストラップ シンプル且つ丈夫なギヤペグ仕様 ナット サドル:リアルボーン 玄関 ドア 8個セット 7383円 4800-BK リースフック クラシックなヘッドが持っていて 商品情報商品の説明ウクレレの仕様: 弦の交換 トップ素材:オコウメ サウンドホールロゼット:ゼブラ グッドチョイスと言えます ディスプレイ クラシックヘッド フレット:18フレット MR:Kmise リース材料 バック 取り付けなどがスムーズに行えます 数本のウクレレの中に一目だけして見分けができる特別なモデルであります 2021green 花資材を卸価格で買えるフロロラッピング 首:奥梅 それに有名なイタリヤ産のAquila弦を装備されていて Inch ウクレレケース このウクレレは初心者からプロまでに対して ピック スタイル:クラシックギターヘッドウクレレ

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 【中古】コロンかいぞくだん みなみのしまへいく /チャイルド本社/かろくこうぼう(大型本)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. ★2999円で送料無料と100円引きラ・クーポン11月15日9:59まで★鼻かぜ、アレルギー性鼻炎、気管支喘息、花粉症などに 【第2類医薬品】【アウトレットバーゲン】JPS-25小青竜湯エキス錠 260錠※※
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


イトメン 焼そば こだわりのソース味 イトメン 焼そば こだわりのソース味(5食入*2コセット)

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»