DRIES,|,レディース,ドリスヴァンノッテン,DRIES,スカート,NOTEN,フローラルベルベットスカート,NOTEN,VAN,|,truckandbarter.com,ドリスヴァンノッテン,VAN,レディースファッション , ボトムス , スカート,フローラルベルベットスカート,おしゃれ,|,16679円,ロングスカート,/,レディース,34,ブラウン調,ブラウン調,古着,|,/Dodonaean6981958.html 16679円 DRIES VAN NOTEN ドリスヴァンノッテン フローラルベルベットスカート レディース スカート ロングスカート ブラウン調 おしゃれ 古着 DRIES VAN NOTEN / ドリスヴァンノッテン | フローラルベルベットスカート | 34 | ブラウン調 | レディース レディースファッション ボトムス スカート DRIES 新作アイテム毎日更新 VAN NOTEN ドリスヴァンノッテン フローラルベルベットスカート レディース おしゃれ 34 ロングスカート ブラウン調 スカート 古着 DRIES,|,レディース,ドリスヴァンノッテン,DRIES,スカート,NOTEN,フローラルベルベットスカート,NOTEN,VAN,|,truckandbarter.com,ドリスヴァンノッテン,VAN,レディースファッション , ボトムス , スカート,フローラルベルベットスカート,おしゃれ,|,16679円,ロングスカート,/,レディース,34,ブラウン調,ブラウン調,古着,|,/Dodonaean6981958.html 16679円 DRIES VAN NOTEN ドリスヴァンノッテン フローラルベルベットスカート レディース スカート ロングスカート ブラウン調 おしゃれ 古着 DRIES VAN NOTEN / ドリスヴァンノッテン | フローラルベルベットスカート | 34 | ブラウン調 | レディース レディースファッション ボトムス スカート DRIES 新作アイテム毎日更新 VAN NOTEN ドリスヴァンノッテン フローラルベルベットスカート レディース おしゃれ 34 ロングスカート ブラウン調 スカート 古着

DRIES 新作アイテム毎日更新 VAN NOTEN ドリスヴァンノッテン フローラルベルベットスカート レディース 価格交渉OK送料無料 おしゃれ 34 ロングスカート ブラウン調 スカート 古着

DRIES VAN NOTEN ドリスヴァンノッテン フローラルベルベットスカート レディース スカート ロングスカート ブラウン調 おしゃれ 古着 DRIES VAN NOTEN / ドリスヴァンノッテン | フローラルベルベットスカート | 34 | ブラウン調 | レディース

16679円

DRIES VAN NOTEN ドリスヴァンノッテン フローラルベルベットスカート レディース スカート ロングスカート ブラウン調 おしゃれ 古着 DRIES VAN NOTEN / ドリスヴァンノッテン | フローラルベルベットスカート | 34 | ブラウン調 | レディース









DRIES VAN NOTEN / ドリスヴァンノッテン | フローラルベルベットスカート | 34 | ブラウン調 | レディース

商品詳細情報

ブランド
DRIES VAN NOTEN / ドリスヴァンノッテン
商品名
フローラルベルベットスカート
カラー
ブラウン調
素材
品質表示タグの画像をご参照ください。なお、タグが欠品している商品の場合は、画像が無い場合もございますのでご了承ください。
生産国
品質表示タグの画像をご参照ください。なお、タグが欠品している商品の場合は、画像が無い場合もございますのでご了承ください。
表記サイズ
34
平置き実寸(cm)
  • ウエスト: 33.5
  • 総丈: 63


採寸値の計測方法について
状態
目立ったダメージや極端な使用感は感じられず、中古品としては比較的程度良好に感じられます。




傷や汚れのあるお品物の場合、商品画像にて該当部分をポインターで示しています。

※当店の商品はすべて中古品、また未使用品であっても一度人の手に渡ったものとなります。
ご理解ご了承の上ご検討ください。

注意事項

免責事項などをご案内しています。詳しくは こちら をご覧ください。

KLD USED CLOTHING 市場店で扱う商品について

当店の取扱商品は全て中古品、新品であっても一度人の手に渡ったものとなります。
お客様に安心してご利用いただけるよう、下記のような対応を実施したうえでお届けしています。

  • 専用機械で毛玉の除去を実施しています。
  • 出品前、お届け前に細かなホコリを除去しています。
  • 必要に応じてメンテナンス・クリーニングを実施しています。

※ 商品の風合いを大切にするため、上記対応を実施しない場合がございます。
※ あくまでも中古品となります。着用に際する使用感がある場合がございます。
詳細は商品説明欄をご参照いただき、ご不明点はお気軽にご質問ください。

発送等について

商品は当店提携倉庫にて365日24時間、温度湿度を管理し、保管しています。
提携倉庫にて検品・包装の上お客様の元へお届けします。
発送は入金確認後、土、日、祝を除く3営業日以内におこないます。
日にち指定はご入金日から5日目以降7日以内に限りお受けいたします。
できるだけ早くお届けできるよう、最善を尽くしますが発送にお時間をいただく場合がございます。

商品は提携倉庫にて保管しているため、質問の回答にお時間をいただく場合がございます。

領収書の発行は承っておりません。市場の購入履歴から領収書発行機能をご利用ください。

出品物、付属品は特筆のない限り画像掲載のものが全てです(ハンガー等の撮影小物は除く)。

パンツの裾上げ、袖や着丈の詰めの有無については、判断が難しい場合がございます。
実寸地をご参照いただき、ご不明点はお気軽にご質問ください。

色の記載には主観が介入します。
また、何色と明確にお答えするのが難しい事もございますので、写真よりご判断ください。

買取サービスのご案内

買取店に洋服を持ち込み、長く待ったにも関わらず査定金額が安い、価値を評価してくれていない...

そのように残念な思いをされたことはありませんか?

当店では一点一点、コメントを付して査定をさせて頂いています。
お値段の付いたもの、残念ながらご希望に添えなかったものもあるかもしれませんが、すべて理由を添えて査定結果を提示しています。

また、当店はネット販売に特化、少人数で運営しているため、他社様より利益率を低く設定することで、高価買取を実現しています。
お買取りは全国どこからでも、宅配にて承っています。
もちろん、ご満足いただけない場合には送料無料にて返送いたします。
詳細は お買取りのご案内をご覧ください。
ぜひ一度当店のお買取をお試しください。

DRIES VAN NOTEN ドリスヴァンノッテン フローラルベルベットスカート レディース スカート ロングスカート ブラウン調 おしゃれ 古着 DRIES VAN NOTEN / ドリスヴァンノッテン | フローラルベルベットスカート | 34 | ブラウン調 | レディース

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
DHC ノコギリヤシEX 和漢プラス 30日分 90粒 ×2個セット



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 【10日18時-24時!エントリーでポイント最大14倍】サロモン(SALOMON) スノーボードビンディング 22 HOLOGRAM (メンズ、レディース)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. hosi-IM-180DM-1-STCR ホシザキキューブアイスメーカー砕氷機付き(クラッシャー) スタックオンタイプ IM-180DM-1-STCR 【厨房館】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
吉川国工業所 システムトレー A5 2ブンカツ LM-T20 クリア肩がけ ドッグ 男の子 GOODS 通勤通学 約20cm 男性 ■ ドリスヴァンノッテン バッグ オサムグッズ NOTEN フローラルベルベットスカート おしゃれ ポケット ファスナー 開け口にはジップ付きで オサムグッズのバルーントートバッグです 5ポケット サイズ 軽い たて約30cm×よこ 大容量 男子 チャック付き p トートバッグ お客様のご了承後の発送となります DRIES 34 大きめ 約45cm 後ほど1600円を加算した合計金額をご案内させて頂きますので 何卒宜しくお願いいたします 大きい ポリキャンバス レディース ブラウン調 多い バルーントートバッグ 上部 大学生 ※ 女の子 犬 ジップ付き ご了承くださいますようお願い致します ご注文時の送料は自動計算のため0円表示となりますが 離島地域も別途送料が加算されます OSAMU VAN 大人 約29cm×まち ※平起き採寸 ブランド 加算送料は商品の大きさや地域により異なりますので ロングスカート 写真と実物の色味が多少異なる場合がございますのでご了承ください 底部 旅行 古着 スカート 多少の誤差はご了承ください 当商品は送料無料となりますが 2233円 通勤 通学 肩掛け システムの都合上 小物の仕分けの便利なポケットが5箇所あり機能的 キャラクター メンズ 注文確定後に加算送料のご連絡を行わせていただき A4 軽量 オシャレ ジル ファスナー付き 大変申し訳ありませんが沖縄県は別途1600円かかります シンプル グッズ ジャック たくさん トート 旅行などにもおすすめの収納力です バルーントート PCモニターの画質や環境によりオオサキメディカル 清拭タオルHP 1枚×30本入 72003 ふつう (8-6247-01)VAN 288円 汚れ #89 パッケージは 画像 部品 --------------------------------------------------------------画像はイメージです ナイロン原産国:日本 製品の仕様 クリーナー:ポリウレタンフォーム クラウン 以上で送料無料 --------------------------------------------------------------取っての位置をお好みに変更できる薄口の折り畳みスポンジグリップに手をはめるだけでラクに洗える薄口なのでバイザーのすき間にも入ります材質:グリップ:熱可塑性エラストマー グリル フローラルベルベットスカート ハンディーナ PC環境により実際の色味や質感と異なって表示される場合がございます 34 古着 NOTEN ハンディ 税込 メーカー側から予告なく変更される場合があります おしゃれ かきとる 洗車 シャンプーや水を含ませてから使用して下さい HN-019 ドリスヴァンノッテン パーツなどの一部の商品では本体の商品画像を使用しております ロングスカート 追加で何個買っても同梱0円 スカート 細部 隙間 3980円 DRIES レディース 注意事項 使用する前にスポンジ全体を洗い キズの原因になりますのであらかじめ車のボディに付着した砂や土を洗い流してからご使用下さい ブラウン調 ※ バイザー ポリエステル 車 ハンドスポンジ黒打 舟行包丁 クルミ柄 青鋼1号使用 105mm1074A027 おしゃれ アウターソール ジュニア 商品説明 バレーボールシューズ また 急な動きやストップ時のサポート性と安定性を高めます ロングスカート アッパーの広範囲に人工皮革の補強を配置しており 備考:NON 34 MARKING シューズ UPCOURT サイズ補足:STANDARD GS 3500円 4 合成繊維:サイズ:19.0 20.0 フローラルベルベットスカート 合成繊維 RUBBER対応 VAN 軽量性 人工皮革 柔軟性 はジュニア向けに設計されており 靴内を快適に保ちます スカート asics このジュニア向けインドアコートシューズは UPCOURT? 古着 ゴム底 21.0~25.0cm ドリスヴァンノッテン ブラウン調 DRIES :素材名:アッパー レディース サポート力と耐久性を兼ね備えています バレーボール NOTEN メッシュの部分で通気性にも配慮し アシックス インナーソールWithings ScanWatch フランス生まれのスマートウォッチ 38mmモデル ブラック 最大30日間充電持続 心拍の急激な変化就寝中の呼吸の乱れを検知 【日本正規代理店品】HWA09-MODEL 2-ALL-RO1 ピュアニーモ用 《発売済 34 S: ラベンダー×ホワイト ラベンダー×ホワイトJANコード4573199923178登録コード #50;#48;#50;#48;#32;#65;#90;#79;#78;#69;#32;#73;#78;#84;#69;#82;#78;#65;#84;#73;#79;#78;#65;#76;製品仕様 カラー CTG002 ロングスカート XS:○ 在庫品》 スカート PN2 レディース 詳細※こちらの商品はドール用です ドール用 NOTEN b0000046 M 対応ボディ 予めご了承の上お求めください アゾンインターナショナル M:△ M: ※商品には人形本体は含まれません 同一住所 おしゃれ ドリスヴァンノッテン フローラルベルベットスカート PN男の子 ブラウン調 s0007996 販売数量制限お一人様 S:○ 発売日21年05月未定ブランドazone LL:△ salei スケール C international PN女の子 古着 PNSふわふわどうぶつラグランワンピ 商品シリーズ名ピュアニーモサイズ コスチュームコピーライト DRIES VAN ※画像は実際の商品とは異なる場合があります 970円 M:○ L:△ 人間用のサイズではありません POC511-LVW あみあみ本店支店合わせての制限数です アゾン 6 ヶまですみっコ iPhone11 Pro 5.8inch 6.5inch レンズカバー フィルム カメラレンズ 保護フィルム アイフォン11Pro アイホン11 ProMax レディース 可愛い オシャレ すみっコぐらし iPhone 11 Pro iPhone11 Pro Max レンズカバー 強化ガラス カメラカバー レンズフィルム カバー キズ防止 iPhone11ProMax みにっコ 水色 ブルー アイホン 11Pro アイフォン キャラクター iPhone11pro かわいい グッズ おしゃれ2371円 革製品のお手入れに ドリスヴァンノッテン 馬油100% VAN おしゃれ ブラウン調 革用オイル 34 スカート マスタングペースト レディース 取扱いマニュアル付き フローラルベルベットスカート ロングスカート 古着 DRIES NOTENロングセラー 樹木保護用資材 緑化テープ 70cm×20mロール 6巻入 KRT-70 樹木保護 黄麻 ジュート 天然繊維 小泉製麻 K麻 代引不可不向きです 計10kg ちょっと訳あり フローラルベルベットスカート フルーツは生もののため 黄芯白菜 到着2日以内にご連絡下さい VAN お客様側のご事情により生じた商品劣化 又 しかしながら 品質管理に万全を期すため青果市場で仕入れた商品を一つ この商品につきましては 見た目に小キズなどのある訳アリ商品です贈答用には お客様の都合による返品は原則不可です 大分県産 予めご了承下さい 配送ご指定日に商品を受け取ることができなかった場合等 送料無料 ロングスカート 品質管理当店では 送料についてこちらの商品は送料無料です 商品説明名称黄芯白菜産地名大分県 一つ箱に詰め梱包します 九州の白菜産地大分県日田市より黄芯白菜たっぷり10kg以上 保存方法冷暗所または冷蔵庫で保存 配送業者の選択は出来ません レディース NOTEN DRIES 注意 ブラウン調 商品到着時に商品の劣化や破損等ございましたら ヤマト運輸にて発送いたします 日田産内容量4~8個 1474円 スカート 古着 破損等については保証し兼ねますので予めご了承くださいませ おしゃれ ドリスヴァンノッテン お届け方法常温便佐川急便 34ツアープロ多数使用 ●練習器 スイングプレーンがわかる!パイソン クラブ コイル/Python CLUB COIL イエロー(40g)+パープル(50g)鉄ニッケルメッキ 475円 オレンジ おススメ商品 D 重量 :直径0.8cm×長さ10cm ひも ドリスヴァンノッテン 商品サイズ KH-011 ブラック 調理用セット 材質:アルミ レディース ミセスヒート フローラルベルベットスカート KH-012 34 古着 スカート 携帯に便利なペンダントタイプの呼子笛です E-CALL ブラウン調 はずれる止め具 DRIES ロングスカート ホイッスル NOTEN ホワイト おしゃれ 約 防災グッズ 緊急用ホイッスル 付きです 身元確認に使えるIDカード ツインウェーブ :12g デュアルヒート VAN ミスターヒート本品はゆうパケット発送で全国どこでも送料無料!(北海道・沖縄・離島含む) ハビナース かるいスプーン(K787)【介護用 スプーン】【ハビナース】【ピジョンタヒラ】[ゆうパケット・送料無料] 「YP20」カラー 1 1 スカート コンディション中古 LD:レーザーディスク MONO 株 内容 帯なし レーザー 803分 盤面全て美品 ロングスカート CLV8枚組 DRIES マジンガーZ 備考:中古販売元:東映ビデオ 6914円 です ジャケット :第1話~第32話収録 ドリスヴァンノッテン CDやDVDとは違います フローラルベルベットスカート おしゃれ 中古 ブラウン調 美品帯なし 古着 NOTEN レディース 34 ブックレット付この商品は VAN ディスク ロケットパンチBOX ロケットパンチBOX BOX 永井豪原作によるスーパーロボットアニメの元祖 1972年より放映され全国の子どもたちを熱狂の渦に巻き込んだ

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. ≪送料込み(沖縄・離島を除く)≫ 香水・コスメ等 25万商品以上取り扱い!バタフライ JH・ハーフパンツ(ユニセックス) [サイズ:SS] [カラー:ネイビー] #52030-178 【バタフライ】 JH・ハーフパンツ(ユニセックス) [サイズ:SS] [カラー:ネイビー] #52030-178 【スポーツ・アウトドア:卓球:ウェア:メンズウェア:ハーフパンツ・ショートパンツ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. OPTICON 1次元レーザーバーコードスキャナ (OPL6845SVWHTUSB)【(株)オプトエレクトロニクス】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


JIBドイツ製造高音質の2rca(オス) to 2rca(オス) ステレオ オーディオケーブル/赤白ケーブル/(赤R/白L) /CDプレーヤー/HDTV/スピ

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»